「スギプロダクト株式会社 会社案内」 東京・大田区のリシャフトとマイクスタンド製造のスギプロダクト。ゴルフクラブの調整・カスタマイズは「東京リシャフト工房」へ。

「東京リシャフト工房」とマイクスタンド製造でお客様のニーズにおこたえします

大田区で創業40余年の老舗町工場、スギプロダクトの歩み、会社概要などのご案内です。

代表者ごあいさつ

スギプロダクト株式会社は、おかげさまで創業より40年以上を数え、この度、ゴルフクラフト部門を立ち上げるのを機に、ホームページを作成することとなりました。

当社は、伸銅品の販売を行っていた先代社長である父が、その納品先であった部品会社を協力会社に、カメラや電気部品の製造業として始めたものです。その後、マイクスタンド・ホルダーの部品製造部門を拡張、自社ブランド「スギプロ」のマイクスタンドの設計・製造・販売と業務を広げ、OEM製品、オーダーメイド製品など、幅広い製品を2つの自社工場にて製造しております。

当社は、製造業として永くお客様にご愛顧いただいてまいりましたが、一貫して大切にしているのは、「物づくり」の精神です。
私は、学生時代は音響工学を専攻し、スピーカー会社への就職を経た後、弊社に入社いたしました。入社後はマイクスタンドだけでなく、専門知識を生かし、スピーカースタンド・ブラケットという新規分野を開拓しております。
スピーカーを制作して音のことをわかっているという経歴から、スピーカーまわりの新規部品の製造もよく任せていただきます。担当者の方と打ち合わせを行う際、たいてい出てくるのは、簡単な絵やアバウトな図面。ここから、自分で設計図を起こし、ひとつひとつの部品から創り上げるのですが、これが本当に面白い。
そして、苦労して創り上げた製品が、どこかで使われ、役に立っている。
まさに、この面白さ、喜びが「物づくり」の醍醐味と言えます。

当社ではこの度、三代目がゴルフクラブの調整・リシャフトの工房を立ち上げることになりました。
「自分が作って世の中に送り出した製品が、誰かにで使っていただけている。」
私の感じてきた物づくりの醍醐味は、そのまま、息子の代にも受け継がれております。
「お客様に満足していただけるクラブを作り、使っていただけている。」
工房も、製造業も同じ物創り。扱うものは違えども、お客様にご満足いただける製品をつくりあげる遣り甲斐に違いはありません。

物づくりの精神を大切に。
そして、ご縁を大事に。

これからも、スギプロダクト、そして「東京リシャフト工房」へのご支援を、どうぞよろしくお願いいたします。

会社概要

商号 スギプロダクト株式会社
代表者 杉山雄一
設立 昭和42年4月17日
資本金 1,000万円
所在地
  • 本社工場 東京都大田区千鳥1丁目9番16号
    電話 03-3751-2195 FAX 03-3751-2198

  • 第二工場 東京都大田区千鳥1丁目17番7号
    電話03-3755-5651

  • リシャフト事業部 東京都大田区千鳥1丁目9番16号
    電話
取引銀行 みずほ銀行 久が原支店、城南信用金庫 池上支店
事業内容 マイクロホンスタンド・付属品の製造/電気部品・証明用スタンドの各部品製造/産業用監視カメラの取り付け用ブラケットの製造/スピーカースタンド・ウォールブラケット・天吊り金具等の製品・部品の製造/その他多目的製品の製造
主な取引先 株式会社 ディーアンドエムホールディングス/
株式会社日立国際電気/リオン株式会社/
日神電子株式会社 他、全国有名楽器問屋店 等

» ショップの地図はこちらをご覧ください。

沿革

昭和42年4月17日 (有)杉山商店の加工部門を分離・独立し、(有)杉山を設立。カメラ部品および電気部本の製造業を開始する。
昭和43年 資本金を増資、マイクロホンスタンド・ホルダー等の製造部門を拡張。
昭和51年 資本金を増資、(有)杉山から株式会社に組織変更。スギプロダクト株式会社と改称。

主な取引先

準備中

東京リシャフト工房 ご相談・お問い合せはお気軽に Tel:03-3751-2195

東京リシャフト工房 お問い合わせ

スギプロダクトオンラインショップ

  • リシャフトとは
  • リシャフト工程
  • クラブ別リシャフトポイント
  • 料金・流れ
  • 製作事例
  • お客様の声
  • ショップ案内
  • プライバシーポリシー
  • トピックス

東京リシャフト工房スタッフ紹介

東京リシャフト工房クラフトマン日記

スギプロダクトのご案内

このページのトップへ