Home > レッスン

レッスン Archive

本当に易しく飛ばせる!アキラプロダクツADRドライバー

発売以降「Lカップフェース」で愛され続けているADRシリーズです\(^o^)/

001_r

 

試打クラブをレンタル&レッスンで打って頂いたのですが

感想が「こんなクラブがあったのか・・・!」と大変感動して頂きました(*^^*)

試打クラブをお客様に合わせて少しだけ調整してお渡ししたかいがありました!

シャフトは「BUZZ TG015」と組わせでオーダー頂きましたm(_ _)m

002_r

早速、組立させて頂き、お渡し致しましたがとても喜んで頂きました!

「飛んだよ~!」「スコア良かった!」などの言葉は本当に励みになります!

全てのお客様から言って頂けるように日々精進していきたいと思います!

 

ご予約、お問い合わせは

℡:03-3751-2195

東京リシャフト工房 フェイスブックページ

東京リシャフト工房 お問い合わせフォームにお願いします。

  • コメント (Close): 0
  • トラックバック (Close): 0

レッスンブログ パート8「振り遅れ」 

こんばんわ、丹山です(・ω<)

インパクト時のフェースの向きを意識していますか?

色々な方に聞いてみると、ほとんど意識せずに振っている方が多いようです。

ボールが右に飛んでしまう方のほとんどが、フェースが開いてインパクトしています。

フェースを返す、インパクトでスクエアに戻す、という意識が無いんです。

最近の研究?では、ボールの飛び出す方向はインパクト時のフェースの向きでほぼ決まると言われています。

余程のフックグリップ等でない限り、インパクト時の左手甲の向きがフェースの向きと考えていいと思います。

右に飛びやすいという方はインパクトで左手甲を目標にスクエアに向ける、ということを意識してみてください。

 

ご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

レッスンブログ パート7「振り遅れ」 

最近、「ブログ見ました」とレッスン受けに行きてくれる方も

増えて嬉しい丹山です\(^o^)/

体の回転で打つ、とよく言われますが、

回転を意識しすぎて肝心のクラブがしっかり振 れていない方が結構います。

胸が目標方向を向き始めているのに、ヘッドがまだ右のつま先よりも後ろにあるような

感じで振っていると完全な振り遅れになってしまいます。

↑が悪い例のダウンスイングとフォローです。

正しくは、胸が正面を向いている間に(ボールの方向を向いている間に)ヘッドが自分を追い越して 、

自分の左側に来るまでしっかり振り切ると球が捕まってきます。

↑が良い例のダウンスイングとフォローです。

もっと詳しくはお店にて!

 

毎週金曜日はレッスンが20分1,000円です!

ご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

 

 

レッスンブログ パート6「煽り注意」

こんにちわ、ご無沙汰しておりました!丹山です(^_^;)

新年一発目のレッスンブログです・・・

 

ドライバーはそこそこ打てるのにフェアウェイウッドが上手く打てない

特にダフってしまうという方いませんか?

そのようになってしまう方に共通して見られるのが、無意識に?ボールを上げようとして

切り返しでクラブが寝てしまって、インサイドから煽ってしまうよな打ち方です。

インサイドアウト過ぎる軌道で打っているわけです。

フェアウェイウッドがどうしてもダフってしまうという方は、クラブヘッドの軌道を

上から下に持ち上げるようにして打つのではなく、右から左へ、ヘッドをボールの

横から入れるようにして打ってみてください。

ミスがダフリではなくトップするようになれば成功です。

 

毎週金曜日は屋上、屋内にて20分1,000円でレッスン中です!

是非、お試し下さい!!

 

ご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

毎週金曜は店内レッスンがお得です!!

毎週金曜丹山インストラクターによるレッスンを行っておりますが

この度、店内(屋上)でのレッスン料金を超お得お手軽価格に変更させて頂きました!!

20分1,000円です\(^o^)/

店内と屋上でのレッスンが可能です

店内は主にアプローチとパター、スポンジボールでのショット

上質な人工芝のラフもありますのでアプローチにはとても良い練習になります!!

パターは12フィート近く出てます(^_^;)

屋上は通常のボールを使ったレッスン

鳥カゴですが安心して振れるスペースです。

屋上まで階段を登っていただくことになりますm(__)m

勿論試打クラブもご用意しておりますのでフィッティングも可能です。

基本的にご予約不要ですが、待ち時間なくレッスンをされたい場合はご一報いただければと思います。

わかりやすくて楽しいレッスンですので、お待ちしておりますm(_ _)m

 

ご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

 

 

レッスンブログ パート5 「軌道」

ゴルファーであれば誰でも真っ直ぐ飛ばしたいと思うのは当然ですよね。

だからといって、実際に球を打つときにフェースを目標に向けたまま

ヘッドを目標方向に向けて真っ直ぐ出していませんか?

真っ直ぐに真っ直ぐにと思って振るほど真っ直ぐに行きませんよね?

ゴルフはボールからある程度離れて構えるのでスイングプレーンは斜めになりますよね?

これは皆さん分かると思います。

このプレーン上にそってクラブを振ったところを飛球線後方から見ると、インパクト以降ヘッドが左に入って来ますよね?

正しい軌道で振るためには、インパクト以降は自分の目から見て左方向にクラブが振れて来ないと駄目なんです。

左に振ろうとすると球が本当に左に行ってしまうような気がするかもしれませんが

インパクトで体が開いていなければそうそう左へは飛びません。

特に、真っ直ぐ振っているのに右へばかり行ってしまうという方は一度チェックしてみて下さい。

 

↑×悪い例

↑◯正しい例

 

詳しく知りたい方は、金曜日に東京リシャフト工房へお越しください!

レッスンのご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

レッスンブログ パート4 「アプローチ」

今回はわかっちゃいるけど、練習が疎かになりがちなアプローチのワンポイントです。

 

アプローチで、ボールを上げようとしているのにトップばかりしてしまうという時がありませんか?

グリーンの向こうとこっちを行ったり来たりの往復ビンタ・・・

そんな時は打った後の右手首の型をチェックしてみて下さい。

右手首が手のひら側に曲がっていませんか?

これはボールを上げようとしてフェースを上に向けてしまうためにそうなってしまうんです。

確かにフェースを上に向けるとロフトが寝るのでボールは上がりやすくなりますが、

本当に綺麗にきっちりボールに当たらないと上手く上がってくれません。

インパクトの瞬間にフェースを上に向けようと思っていても実際にはインパクトの大分手前から上に向け始めてしまい、

インパクトを迎える頃にはヘッドは上に向かって動いてしまっているのでトップしやすくなってしまうんです。

インパクトでは右手首は甲側に曲げたままにして打ってみて下さい

手首を甲側に曲げたままインパクトすると、ロフトが立って当たるように感じるので、

ボールが上がらないように感じるのでかもしれませんが、

アプローチウェッジやサンドウェッジであればクラブのロフトがしっかりボールを上げてくれます。

 

ご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

レッスンブログ パート3 「タイミング」

フィニッシュでよろけるくらい思いっ切り力を入れて打っているのに飛ばない、という方いますよね?

特に女性に多いと思います。

そういう方に聞いてみると、ほとんどの方がヘッドがボールに当たる瞬間(辺り)に力を入れていると答えるんですが、

これが飛ばない理由なんです

ヘッドがボールに当たる瞬間に力を入れても間に合わないんです。

力を最も入れるポイントは切り返しの直後です。手を下ろす瞬間ですね。

手を下ろす瞬間といってもイメージが湧かないと思うので具体的な例で説明します。

布団叩きってありますよね?恐らくほとんどの方が布団叩きをしたことが有ると思います。

この時、布団叩きの棒が布団に当たる直前、もしくは当たった瞬間に力を込める人っていませんよね?

ちょっと試してみていただきたいのですが、棒が布団に当たる遥か前、振り下ろす瞬間に既に力が入っていますよね?

ゴルフも一緒なんです。振り下ろす瞬間に力を入れ始めないと間に合わないんです。

ゴルフは布団叩きとは違ってボールの先にも空間があるので100%布団叩きと一緒とはいきませんが、

基本的には力を入れ始めるタイミングは一緒です。

ゴルフはボールの先にも空間があるのでフォローでなんとかしようとして、フォローを頑張って振る方がいるのですが、

フォローを頑張って振っている時にはボールは既に遥か先に飛んでいってしまってるんです。

頑張るのはフォローではなくてダウンスイング、ヘッドがボールに当たるまでが勝負です。

ヘッドがボールに当たるまでに力も方向も全て決めてしまって下さい。

簡単な練習方法としては、3~4割のスイングで、インパクトでスイングを止めるつもりで打つ、というのがいいと思います。

飛ばないと悩んでいる方、特に女性の方は試してみて下さい。

 

レッスンのご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

レッスンブログ パート2 「パット」

パットを打つ時のフォームって気にしてますか?

パットにフォームなし、なんて言いますが、二箇所だけ気にして欲しい所があります。

頭と右肩、この二つだけは動かさないように気をつけてみて下さい。

短いパットを引っ掛けてしまうことってありませんか?

そういう時は頭が突っ込んで右肩が出てしまっていることが多いんです。

一度誰かに左耳と右肩の前に、手をぎりぎり触れないように置いてもらってパットを打ってみて下さい。

かなりの人が、置いてもらった手に耳と肩が触れてしまうと思います。

触れてしまうということは突っ込んでしまっているということなので、いざというときに引っ掛けてしまうという方は

この二箇所を動かさないように気をつけてみて下さい。

レッスンのご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

レッスンブログ パート1 「アドレス」

こんにちわ、東京リシャフト工房専属インストラクターの丹山です。

本日より毎週1回、金曜日にワンポイントレッスンをしていきたいと思います。

みなさん、是非参考にして下さい!

今回は基本中の基本の「アドレス」です。

 

アドレスで右を向いているよ」って指摘される方は結構多いと思います。

では、と思って「それで真っ直ぐ」と言われた向きに構えてみると左に向いているように感じてしまう事ってありませんか?

何故そう感じるかというと、足の向き、スタンスは真っ直ぐに向いていても肩のラインが左を向いているんです。

ゴルフは右手を前に(下に)して握る関係でどうしても右肩が前に出やすくなってしまいます。

なので、気をつけて構えないと自然と右肩が前に出て、足のラインと比べて肩のラインが左に向いた構えになってしまいます。

いつも右を向いている、と言われてしまう方はアドレス時の肩のラインと足のラインをチェックしてみて下さい。

 

レッスンのご予約、お問い合わせは ℡:03-3751-2195

または*東京リシャフト工房 お問い合わせフォーム*にお願いします

ホーム > レッスン

検索
フィード
メタ情報

Return to page top